So-net無料ブログ作成
検索選択

ティファニー(ブルー)で朝食を - 6 (Blue Rainy Blues) [散歩・散走]

目覚めた時の静けさに、ボクは舌打ちする。雨だ。ブラインドを開けてみなくても、その気配が部屋の中にも侵入してきている。大型の台風が接近しているのだとニュースは告げるが、雨音はまだ聞こえない。タブレットの中の天気予報は「曇時々晴」。午後から雨が降るらしい。
躊躇わず起き上がって、出掛ける準備を進める。
昨日からポーチに置き去りにしているバイクを走れる形に展開しながら空を見上げる。日の出の予定時間の十数分前で、空は鈍色。月や星さえ見えない。大型低気圧が齎す風が吹き抜けるが、それが意外に冷たく、清しくて気持ちいい。その風が、奔れと急き立てるような気さえする。降られては困るが、だからと言って出掛けるの諦めたくない。ボクは、階下に向かうエレベーターにバイクを押し入れた。

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感