So-net無料ブログ作成

Everything comes to ・・・ [散歩・散走]

立秋」も過ぎて、暦は「処暑・綿柎開(しょしょ・わたのはなしべひらく)」。
蝉の声も鳴りを潜めて、日の出が少し遅くなって、夕闇の訪れが少し早まりはしたが、日中の日差しはまだ秋暑どころか真夏日のそれ。

うちの五月蝿い二人はまたまたヨーロッパへと旅立ったきりで、暫しの独身生活とはいえ、それも涼しさを招くほどではなく、ただただ生活が不便になっただけ。急な病いを得て、ゴールデンウィークをまるっと棒に振ってしまい、アレを食べちゃあダメ、これを食してはいけませんと言われるパパリンは、長い夏休みがあるわけでもなし、療養という名の自主規制??
それならいっそ羽根を伸ばしてゲスいことでもしちゃう・・・訳にもいかず、”I guess・・・”と、物思いを重ねるばかり。
出掛けるにしても、自転車で炎天下を疾るなど及びもつかない。暑さが身体に堪えるから「正しい盛夏の過ごし方」、エア・コンディションの効いた美術館で絵画鑑賞が関の山。が、それにもそろそろ退屈してきて、今日は「京都輪行ポタ・刀剣男子編」を予定していたのだが・・・。

昨年秋にオーダーしていたアレがアレしたとご連絡頂いたのが3日前。そのギャラリーは日曜日がお休み。閉廊時間も早いので、伺えるのは土曜日きり。
おまけに、早朝からバケツをひっくり返したような雨に降られては輪行どころかポタリングも覚束ない。
明日は明日で、別のイベントで京都入り。ならば「刀剣男子」は明日に譲って、今日はアレしたアレを受け取りに、大阪市内、北区西天満界隈へ。

アートサロン山木
で、アレしたアレを拝見。気に入らなければ、受け取りを拒否る事も出来るらしいが・・・。速攻で写真にしてInstagramにアップしたくなるような出来栄え。“アレ”の仕上がりについては、次頁に譲るが、これがなかなか絢爛豪華で艶やかで・・・。

IMG_1723.jpg
IMG_1724.jpg
IMG_1725.jpg

満足して安心したら、ゆっくりとランチ・ブレイク。古美術商のギャラリーが並ぶ界隈から少し外れたところにあるカレー・ショップ「タンダーパニー」で「チキンカレー」。
淡路島産のタマネギやトマトを手間暇かけて煮込んで、疲労回復や健胃強壮に役立つ14種のスパイスを使用し、バランスを整えた”本格派薬膳カレー”であるそうな。そして、ここの特徴は、別添えのオニオンスライスを好みに応じてトッピング出来るところ。辛さが若干阻害されてしまうが、シャキシャキしたタマネギがまた別の、優しい刺激。
どうも、5月に倒れて以来、20倍カレーとかを食すと胃がキリキリと傷んでしまう。ええ、刺激物は控えるようにとの警告は頂戴していているのだが、カレーから辛さを取ったらナニが残るというのだァァァ!!!! ・・・とキレる振りをしながらも、薬膳カレーなのね。
胃に負担を掛けるより、精神的ストレスの方が影響が大きいような気がするのだが・・・。

その緊張を解すためにもすぐに帰宅して、アレしたアレでお茶しようっと。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント