So-net無料ブログ作成
検索選択

「亜細亜龍魚救済計画」とステーキ丼 [散歩・散走]

その容姿と美しさから絶大な人気を誇る亜細亜龍魚。
しかし、高値で取引されることから乱獲が進み、龍魚の中でも希少な過背金龍が住むブキットメラ湖には毎晩500人を超える人が押し寄せるなどし、現在では野性の亜細亜龍魚は、ほとんど見られなくなってしまいました。
「もう一度、自然の中で亜細亜龍魚が泳ぐのを見たい」亜細亜龍魚達の窮状を救う為、大熊猫達が立ち上がりました!!

・・・てか?!

 

亜細亜龍魚救済計画.jpg

『亜細亜龍魚救済計画』アートサロン 山木さんのブログより

亜細亜龍魚・・・とはアジアアロワナ(学名:Scleropages formosus)のことで、ワシントン条約(CITES)の絶滅危惧種に指定され、原産地のインドネシア、マレーシアなどからの輸入は指定された輸出施設からの養殖個体のみ認められている。
特に希少で、高値で売買されるマレーシア・ブキットメラ湖産の過背金龍(マレーシア・ゴールデン)は乱獲により野生種はほぼ絶滅状態で、それを救済すべく立ち上がったのが同じ絶滅危惧種繋がりの大熊猫?!

・・・というファンタジーは、大阪市北区西天満にあるアートサロン 山木で開催中の「粟田尚子作品展」での設定。

龍魚(アロワナ)も大熊猫(パンダ)も、もちろん保護すべき珍魚、珍獣ではあるが、それらの珍しい、愛らしい生き物たちを陶芸作品に現しておられるのが粟田尚子さん。

温泉大熊猫・富士山に松1.jpg
温泉大熊猫・富士山に松2.jpg
温泉大熊猫・富士山に松3.jpg
温泉大熊猫・富士山に松4.jpg

於:gallery cafe S'n緑an.

ワタシが彼女の作品を初めて拝見したのは行きつけのgallery cafe S'n緑an.でのこと。「大熊猫シリーズ」と名付けられた一連の作品の中のひと品で、湯飲み茶碗を温泉に見立てて、パンダがそれに浸かっているという造形。
頭に手ぬぐいを乗せて頬を紅潮させたパンダ、その傍らにはタオルと金色の桶。茶碗の外側は波模様、内側には富士山に松をあしらって、それはそれは愛らしい。

それからリサーチを重ね、「大熊猫シリーズ」以外にも様々な動物を象ったものがあること、茶碗だけではなく、盃やぐい飲みなどの酒器や紅茶用のカップ&ソーサー、巨きなオブジェ作品まであることを知り、アートサロン 山木での展示販売会にも足を運んでみた。
1点ずつ手作りされるそれらの作品は、2つとして同じものがなく、それぞれ微妙に模様や造形が異なる。やはりココロ惹かれるのはパンダさん。
それぞれに手が込んでいるため大量生産が適わず、展示会でも、初日オープンと同時に多くが売約済みとなってしまう。

今回の『亜細亜龍魚救済計画』と題されたエキシビションは10月07日(金)〜22日(土)まで。そう、今日が最終日。七日の11時には殆どが売れてしまっていたこと、水曜日には新しい作品が追加されることを聞き込んでいたワタシは、スケジュールの都合もあって、慌てず騒がずあえて最終日の訪問となった。

IMG_9805.jpg
IMG_9806.jpg
IMG_9807.jpg
IMG_9808.jpg


オープンの11時。店頭にBD-1Rを停めて、小さな画廊に足を踏み入れる。舗道に面したディスプレイにも大熊猫。廊内にも粟田尚子さんの作品がずらり。眼を惹くのは今回の主役(?)である亜細亜龍魚ではあるが、ココロ惹かれるのは大熊猫・・・と思ったら、その傍らに白い猫をあしらった酒器やカップ&ソーサーがあって・・・、ヤバイッ!! 他にも新作の「土偶シリーズ」、スパイダーマン風着色やヒョウ柄を纏った金魚のオブジェ、青蛙がペタンと貼りついた器や灰皿、何れも興味を引かれ、魅せられてしまう。

・・・と、見蕩れているばかりではいられない。このサロンのオーナーさんに本日の訪問理由を告げる。

  • S'n緑an.で「大熊猫」によく触れて、関心を持ったこと。
  • こちらに伺わないと、これらの作品は手に入られないのか。
  • そして、・・・。

西天満にあるサロンで実物を手にとってつぶさに拝見するのが間違いがないそうだが、例えばイメージするものを具体的に伝えて、それに近しい作品が出来上がって、その写真が山木さんのブログに掲載されたら、それが欲しいと連絡し、振込による入金が確認されたら発送する・・・ことで遠隔地からでも入手することが可能だそうです、silvercopenさん。

そうこうするうちに粟田尚子さんが来廊。色々お話しを伺って、三つ目の来意、「温泉大熊猫」が欲しいと告る。
今回は「大熊猫シリーズ」として幾種類か展示したが「温泉大熊猫」はたった1点限りだったそうで、勿論それは初日に売れてしまった由。
無論それは覚悟の前。無ければ作って頂こうという心づもりはしてきている。S'n緑an.で用いられている「富士山に松」もいいけれど、今年の作品の写真を拝見したところ、それは内側も外側にも富士山と桜花をあしらったゴージャスな意匠で、茶器としての形状も若干異なる。
で、オーダーしたのは「富士山に桜」。大きさや色目、詳細なデザインは、こちらから指定するより作家さんにお任せした方がバランスがいいだろうと委任した。
・・・のはいいのだけれど、仕上がりが6月ごろとのこと。6月・・・と言いますと、来年の? 8ヶ月待ち?! まァ、これだけ手の込んだもので、超人気作品であるのだから・・・。
自分へのバースデー・プレゼントのつもりだったが、クリスマス・プレゼントにも間に合いませんな。
じゃあ代わりにお誕生日プレゼントと手に取ったのは「大熊猫シリーズ」の茶器で、フィギュアが乗らずに絵付けだけで仕上げられたもの。と思ったら、今日は入手方法の確認とオーダーだけのつもりで自転車で来てしまって、フロントバッグも装備しておらず、ワレモノを持ち帰る術がない。
と、遠路静岡県から長距離バスの日帰りで来阪されたという女性がその茶碗をお買い上げ。

IMG_9809.jpg


大熊猫シリーズ」の器でお茶まで頂いて、それがお腹に沁み渡って、気がついたら時分どき。1時間以上も過ごしていたことになるが、どれがいいか決めかねて最長4時間悩んでいた方がいたのだとか。

眼の保養を終えて、身体の滋養をと外に出てみるとポツリと雨粒。見上げるとかなり広い範囲に暗雲が・・・。正しく論理的な行動としてはまっすぐ帰宅すべきなのだろうが、それじゃあ詰まらない。ローストビーフの予定をステーキに変えて、今日のランチに向かう。

IMG_9810.jpg
IMG_9811.jpg
IMG_9812.jpg
IMG_9813.jpg
IMG_9814.jpg


お肉とフレンチおでん COCO Bar Kitahama
。「フレンチおでん」ってナニ?! ・・・と思うが、それはもう少し寒くなってからで、今日のお目当てはお肉の方。少し出遅れたせいか「フレンチおでんだしの具だくさんカレー」は売り切れで、「ステーキランチ」は少々重たげ。肉食女子受けしそうなヴィジュアルをした「ステーキ丼」をオーダー。ゴロゴロカットステーキの上に半熟卵と季節の野菜のせ、それにスープとドリンクが付く。
お肉は脂身がなく、香ばしく焼かれて、ガッツリ食べ応えがあって、フレッシュサラダとのコントラストもバランスがいい。フレンチポテトもいいアクセント。少々味付けが濃ゆい気もするが、若い人向けにはこんなもんなんでしょう。
次は「フレンチおでんランチ」を食してみたいかな。

食事を終えて、外に出てみれば雨の気配が残っていた。ポツリと落ちてきている気もする。何かと満足して、満腹になった途端眠くもなってきた。走り足りないが、今度こそ、まっすぐ帰宅するのが正しく論理的だと判断し、家路を選ぶ。

さて、明日は「BD、BROで集まろう!」の予定であるが、天気はどうでしょうな?!

本日の結果
Mx.:31.30km/h、Av.:15.80km/h、Dst.:19.44km、Tm.:01:13:32


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

yosshu0715

昨日は大変お世話になりました!!(笑)
お昼ご飯いつも頼りきっていてすみません!!(笑)
すっかり(小次郎さん曰く)お昼ご飯担当大臣となってますよね!!(笑)

しかしそれにしても温泉大熊猫、めちゃ気に入っておられますよね!!(笑)
確かに可愛いし、ユーモア溢れていて欲しくなるのめちゃわかります!!(笑)
僕、いつかは陶芸も始めたいと思っているんですが(今は指が使えないのでちょっと無理ですが)こう行った作品が作れるのは本当に羨ましい!!(笑)


8ヶ月待ちは凄いですね!!(笑)
また完成作品はこちらのブログで拝見できると思うので、僕も楽しみにしております!!(笑)
by yosshu0715 (2016-10-24 21:17) 

JUN1026

ヨッシュさん、コメントありがとうございます。
汚職紛いなことはしてもお食事担当になった覚えはございませんが・・・(笑)、まぁ、いいでしょう(笑)。
こちらこそ、楽しい時間が過せました。またランチ・ミーティングしたいですね。
大熊猫シリーズに限らず、粟田尚子さんの作品はどれも人気のようで、遠路はるばるお客様が来ていたようで、バックオーダーもかなり抱えているようです。昨年までは3〜4ヶ月待ちだったと記憶しているのですが、今や8ヶ月待ち!!!! まぁ、気長に待って、少しずつ集めていきたいと思います。
ヨッシュ作品もそのうちコレクションさせて頂かないといけませんな。
by JUN1026 (2016-10-26 21:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: