So-net無料ブログ作成
検索選択

Pokémon GOとApple Watchと自転車の微妙な関係 [散歩・散走]

日本でもようやくローンチされて、早くもトレンドを超えて、社会現象となった『Pokémon GO』。拡張現実(Augmented Reality)な空間で、ポケットモンスターを捕まえたり、バトルしたり、アニメさながらに、トレーナー・ライフをシュミレートする位置情報ゲーム。

 

それがどういったものかは、すでに多くのメディアで取り上げられているので割愛するが、ワタシもリリース直後の22日午前に普段使いのiPhone 6sにインストール。

IMG_9389.jpg
IMG_9390.jpg

この頃まではまだ可愛かったンだけど、ねェ。

ポケットモンスター関連のゲームは、ゲームボーイから始まって、プラットフォームを移しつつ、数多リリースされてはいるが、流石に手を出したのは息子さん(17)がまだ10歳前後の頃に欲しがったニンテンドーDS用のアプリから。ワタシ自身は興味も関心もなかったが、息子さんの最初のお誕生日にお祝いとしてピカチュウの等身大ぬいぐるみが届いてから、彼が成長するにつれて、自宅でTVやヴィデオを観て、夏休みごとに劇場で映画を観て、ポケモンセンターにも通い、国内旅行はわざわざANAの"ポケモン・ジェット"を選び、フィギュアやぬいぐるみを集めに集め(→記事参照)、家中ポケモンで溢れかえり、まんざら知らないわけではなかった。

IMG_7710.jpg


新たにiOSアプリ、Androidアプリとして登場したのが、リアル空間を移動しながら、ポケットモンスターを捕獲・育成(・交換?)・バトルすることが可能となった『Pokémon GO』。
まだ未完成感もあるものの、ARを活用した"新しいもの感"が流行原因?!
流行りの裏側で障害もあるようで、これが原因で事故や事件も起きているらしい。ワタシ個人としては、ポケモンポケストップジムなどをサーチするにはアプリを絶えず起動しておかないといけないので、バッテリー消費が何より問題。いわゆる"歩きスマホ"は、危険が危ないうえに、見た目にスマートじゃない。
街中を自転車やクルマで移動するときには、iPhoneやスマートフォンを携えた"ながらポケモン"なヒトを見掛けたら警戒しないといけない。

デブ症出不精なうえ、労働は苦手。出歩きたくない。

たまたま自宅から道路を隔てた公園が「ポケストップ」に指定されていて、GPSの誤差からか、自室にいながらアイテムを手に入れることが出来て、タイミングによってはポケモンを捕獲することも出来るので、がっつり遊ぶつもりでなければ、この時期暑い街中を徘徊するよりエアコンの効いた自室でアイスでも食いながらモンスターの到来を待てばいい。

で、外へ出掛けないのであれば、現行の6sを使わずとも、機種変更後も楽器兼Wi-Fi専用機として保持している5sでもいいのではないか・・・と気付いて、自宅では5siPad Air2を『Pokémon GO』専用機として、6sは外出時に温存。3台にアプリをインストールして、同一アカウントで運用する。1台は待機状態にして、もう1台は充電で使い回し。

3台体制だからといって、家族三人の共同作戦というわけでもない。
それぞれAndroid携帯をお持ちのママリン(年齢非公開)ととらさん(17)。奥様(年齢非公開)は難しいと仰るし、ポケモン愛好家だったはずの息子さん(17)は夏休みだというのに課外授業もあって、毎日受験勉強に追われる日々。興味がないわけでもないのだろうが、そんな暇があったらLINEでチャットに勤しむリア充くん。ポケモン、ゲットだぜ!!・・・より彼女のハートをゲットしないといけない・・・のでしょう。ヒューヒュー、だよォォ(by牧瀬里穂)!!

22日(金)から23日(土)はiPhone3台体制で臨んだが、いかんせん、市内中心部でない我が家近隣はそれほど多種のポケモンは現れず、Pidgey(ポッポ)やRattata(コラッタ)が主で、これではトレーナーというより駆除業者?
散歩がてらご近所を散策したところ、ポケストップは都心部ほどではないにしろそれなりの数はあって、多少歩き回れば、自宅で待ち構えているよりは多くの種類を捕獲することが出来た。

都会と田舎では出没する頻度、種類に格差があって、それが問題になっているらしいが、うちはその中間辺りか? 土曜日は父の満中陰(四十九日)で堺市の実家に帰ったところ、その辺りはポケストップもほとんどなく、ポケモンにも出会えないような状況。これじゃあ、楽しくないし、遊べない。

鳩ぽっぽや小ねずみばっか駆除するより、もうちょっとポケモンらしいポケモンをゲットしたい。

IMG_7715.jpg
梅田界隈は「ルアーモジュール」による花盛り?!

IMG_7704.jpg
IMG_7708.jpg

大阪城公園もそれなりに・・・

IMG_7707.jpg

いかにもポケモンがいそうな森(笑)?!

で、日曜日は大阪市内都心部へ出向いてみる。
ポケストップで得られる「タマゴ」は「ふかそうち」に入れて、移動することに依って孵化を促す。自宅に籠っていてはタマゴが孵らない。しかも速度に反応するそうで、クルマや電車などの高速移動では効果は得られないのだとか。歩かないといけないのン?!
炎天下を歩き回るのは苦痛。クルマではストップ&ゴーに適さない。というわけで、自転車で出動。
ヒトが多く集まるところにポケモンも多く集まるとかで、近いところでは梅田界隈になるのだが、混雑の中を自転車ですり抜けるのはキケンが危ない。というか、ご迷惑。多くのモンスターがいると噂される大阪城公園へ向かう。
パーソナライズでスペシャライズなカスタマイズを施したワタシのBD-1Rは低速時の挙動が不安定で、片手運転は危なっかしいから、『Pokémon GO』を起動したままのiPhone 6sはシャツの胸ポケット。途中にもポケストップはあり、その合間でもポケモンがいるようで、ポケットの中でiPhoneがブウゥ〜ンと振動する。その都度、自転車を停めて取り出す。これではいかにも交通の妨げ、迷惑で危ない。
タマゴの孵化には時速10㎞以下の移動であること・・・というが、BD-1Rのギアをインナー(36T)×ロー(28T)にしてもケイデンスを60rpm以下にしないとそんな低速度を維持するのは難しい。住宅地を走る間はまだしも淀川に架かる長柄橋を渡って天神橋筋に入る頃には我慢し切れず30km/hになっていた。低速度も苦痛なら、iPhoneが震える度に止まるのも面倒。せめて、『Pokémon GO』がApple Watchに対応してくれれば、都度ポケットやバッグからiPhoneを取り出す手間だけでも省けるのだが・・・。
ビュンビュンと飛ばすためのBD-1Rでの低速走行は、危なく、周りの妨げともなり、何よりストレス。Apple Watchに遭遇したポケモンが表示されて一瞬で判別出来るなら、自転車やクルマを止める必要もなくなるかもしれないのだが・・・。

発売以来使い続けているApple Watch。入浴時と就寝時以外は、それこそ、肌身離さない。特に移動中は、わざわざiPhoneを取り出さず、1.65インチ(312 x 390px)の小さな画面がワタシのメインディスプレイ。通話や通信、ナヴィゲーションさえ腕時計型ウェアラブル・デヴァイスで事足りる。"歩きスマホ"は、断じて、スマートじゃない!!

IMG_7717.jpg


そのApple Watch。時計としてはもちろん、通信系アプリも重要ではあるが、ヘルスチェックもヴェリー・インポータント。『Workout』での運動量管理が何より大事。Walkingは苦痛で、Runningは無理だが、Cyclingなら出来る。独りで奔るときは目標値を設定してカロリー消費を心がける。
Pokémon GO』が林檎時計に対応して、移動中はそれでポケモンポケストップを確認、判断出来ればいいと思いつつ、チンタラ走っているようでは、それは『Workout』の妨げにもなりかねない。
Apple WatchiPhoneは絶えずBluetoothで通信している。特に「Workout」稼働中はデータのやり取りが頻繁でApple WatchiPhone、双方のバッテリー消費が甚だしい。一日中奔るとなると、特にiPhoneの電池がもたない。そこに『Pokémon GO』でのインターネット通信とGPS通信が加わるとなると、半日どころか5〜6時間がせいぜい。

ウェアラブルな補助端末といえば、『Pokémon GO』の補助デヴァイスとして、リストバンド型の端末、「Pokémon GO Plus」が出るのだとか。それがあると、ポケモンの捕獲やポケストップでのアイテム収集が容易になるそうな。それが用意されているのなら、Apple Watchの出番は無さそう・・・やね。

"歩きスマホ"はスマートじゃない。"自転車スマホ"は危険すぎる。何か手立てを考えなければいけない。とりあえず、目的地を決めたらそこまではタマゴの孵化に専念しながらストレスを感じない程度の中低速度で移動して、ポケモンが多く集まる場所で自転車を止めて、腰を据えて捕獲に当たる。どこにどんなポケモンが出没しているかを確認出来るアプリもあるようなので、目標、目的を明確化して、途中に現れる雑魚キャラはシカト。メリハリのある行動が、バッテリーをセーブしながら『Workout』と『Pokémon GO』を両立する最善の手立てか。

IMG_7706.jpg
IMG_7702.jpg
IMG_7711.jpg


Pokémon GO』がリリースされた週末3日間で、Level10、38種類、161匹をゲット。自宅近所で半分、多くあるポケストップが「ルアーモジュール」によるサクラフブキの花盛りな大阪城公園で約半数。「図鑑」の約1/3を満たす結果となった。
でも、ね。「Pokédix(ポケモン図鑑)」をコンプリートする楽しさはあるにせよ、ジムバトルでの陣地取りというゲーム性やレベルの向上は面白いとは思うけど、そのために鳩や鼠の駆除ばかり続くと飽きてしまいそうな予感もする。
まァ、ワタシとしては、ゲームを理由に自転車で出掛けられればそれでいいのだけれど・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

yosshu0715

アメリカのポケモンブームで任天堂の株価も上がり、大きなニュースの中、日本でのリリースがいつになるか話題になっている頃、僕はちょうど2回目の指の手術のために入院!!(笑)
ちょうど手術日にリリースとなり、退院した時は世界がポケモン一色に一変しておりました!!(笑)
わずか数日間世間と隔離されていただけで、世の中がこんなに変わるのかと衝撃でしたよ!!(笑)

昨日もゴジラ帰りに中之島を通るとポケモンに夢中な人たちが道端で立ちすくんでおりました!!(笑)
すごい影響力ですね!!(笑)

しかし家の中で駆除(?)できるとは羨ましい!!(笑)
by yosshu0715 (2016-08-02 08:39) 

JUN1026

ヨッシュさん、コメントありがとうございます。
すごいブームから一気に社会現象化して、街の様子も変わってしまいました。
それより、手術の経過は如何でしょうか。一日も早い回復を願っております。
by JUN1026 (2016-08-03 05:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0