So-net無料ブログ作成
検索選択

二分音符嬢の微睡み [散歩・散走]

今日も今日とて、ユルい自転車散歩。時間が取れなくて、遠くに行けない。神経痛が辛くて、疾く走れない。ゆるゆると、「オレの庭」を散策します。

 

オレの庭」も意外に広くて、南は天王寺辺りで、北は最近、池田市まで広がって、西は海辺まで、東はまだまだ開拓の余地あり。それでも、主に徘徊するのは大阪市内の、それも中央区近辺を中心に半径5㎞の範囲。お気に入りのショップやスポットがその辺りに集まっているのだから仕方ない。

今日も、堀江まで下って、アパレルやニックナックを見て回る。
と、そろそろお昼時。
BD-1Rを奔らせて、行きつけの天満界隈のカフェを訪ねるが、混み合っているようなので、近くの別のカフェへ。
こちらもそれなりに席は埋まっていたが、座れないことはない。売りは、近隣の農家から直接仕入れたという地野菜をメインに使った創作カフェ飯。
ランチは、日替わりのメイン惣菜に5種類のお惣菜が付いてくる「地野菜のお惣菜日替わりランチプレート」・・・だけ?! ・・・かと思ったら、カレーがあるじゃあないか!!
ヘルシーな野菜料理も悪くはないけど、その野菜から出汁を作って、それをカレーに仕上げた「ベジブロスカレー」。"ベジブロス"とは、栄養が詰まっているけど、ついつい捨ててしまう野菜の種や、野菜の茎、皮、葉などを使い丁寧に煮出した野菜出汁のことであるらしい。抗酸化作用があり免疫力を向上させる効果もあるとかないとか。もちろん、それをオーダー。オプションの「グリルチキン」もトッピングしていただいた。

IMG_9004.jpg
IMG_9005.jpg


地野菜のサラダと野菜が入った御味噌汁までついて、いかにも女子受けしそうなカレー。そのカレーも、玄米ご飯にザク切りの野菜が盛られて、決して刺激的ではないけれど、はんなり優しい風味。でも「グリルチキン」がないとちょっと物足りない・・・かも。

お腹も満ちて、満足はしたけれど、何か物足りない?! 愛しいあの子に逢いに行こう!!

と、駆けつけたgallery cafe S'n緑an.。お目当ては、店頭のプランターで微睡む一匹の猫。
最近はしっかり看板猫も板について、誰が近づいても逃げも隠れもせず、優雅に微睡している。日光東照宮にある左甚五郎作の「眠り猫」かと思うくらい、いつ見ても眠っているような。まァ、その姿が可愛いわけですが・・・。

前回訪れた時に、お名前を考えてあげてくださいと依頼されていて、以来考えていたのだけれど・・・。

IMG_9009.jpg
IMG_9010.jpg


思いついたのは『mademoiselle blanche(マドモアゼル・ブランシュ)』。フランス語で"二分音符・嬢"。
白いボディで"blanc"。が、それは男性名詞なので、女性名詞に変えて"blanche"。白くて、丸まって眠って、いつ見ても半分は眠っているので、"二分音符"。感覚的には"二分休符"で"demi-pause"なのだけど、ちょっと語呂が悪い。で、"二分音符"の"blanche"。
ええ、それは、クロード・ドビュッシーが創出した架空の人物である『monsieur
croche(ムッシュー・クロッシュ)』、"八分音符・氏"にあやかっているわけですが。
「ドビュッシー音楽論集『反好事家八分音符氏』(Monsieur
Croche ANTIDILETTANTE)」に登場するドビュッシーの分身は「海のざわめき、水平線の曲がりぐあい、葉末をわたる風、鳥の鳴き声などが私たちに多重な印象を残します。そして、とつぜん、全く思いもかけず、これらの思い出の一つが私たちの外に広がり、音楽の言葉を語るのです」などと語るが、それを半睡の中で、風の歌を聴くように、たおやかに聞き流す猫。・・・という設定。

連れて帰りたいくらいに、可愛い。が、そういうわけにもいきますまい。

IMG_9006.jpg
IMG_9007.jpg
IMG_9008.jpg


店内には、今日から始まった『 サトウタカヒト  個展   - とうめい -  』の展示。"透明"をテーマに描かれた、ライオンやキリン、オオカミ、ヒツジ、アマガエル、ヒョウモントカゲモドキ、そして白いネコ。サトウタカヒトさんの新作は、何度も色を重ねて、"透明"になるまで塗り直したアクリル絵画。無彩色のようで、無限の色の重なり。幾重にも重なる輝き。
昨年行われた『サトウタカヒト個展 -青に染まる夢-(→記事参照)』は""をテーマに、ギャラリー内に無数のアゲハチョウを飛ばせたインスタレーションが、青い動物画とともに展示されていた。今回も"光"を表現したインスタレーションが配置されている。
インパクトのあるアマガエルやライオンもいいのだけれど、ワタシの気を惹いたのは、猫をモティーフにした作品。その優美さを備えた "透明"な白猫のモデルは"二分音符"ちゃんであるらしい。

IMG_9011.jpg


で、生きた"ブランシェ"は連れて帰れないので、ポストカード化されたものを頂いてきた次第。
プリントされると、透明の中に様々な色が配されて、アクリル絵の具の中にラメまで練りこまれた原画の風合いは半減する。さらに、写真に撮ると、立体感も損なわれる。やっぱり、プランターの中で丸くなって眠る、生きた"二分音符"ちゃんの方が可愛い・・・かな。

本日の結果
MX:46.20km/h、Av:22.00km/h、Dst:38.65km、Tm:01:45:05


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: