So-net無料ブログ作成

断酒宣言?! [日記・雑感]

もともとそれほど酒に強い方ではありません。呑むと、すぐに(全身が)赤くなってしまうタイプではありました。
右耳が耳疾によって壊れてしまってから、騒々しいところには近づくなという医師の指示もあって、酒席に加わることもメッキリ減って、それにつれて騒がしいのがますます苦手になって、夜遊びも控えるようになるにつれ、飲酒量が少なくなったせいか、いよいよアルコールに弱くなってしまいました。

 

多少の訓化、順化はあるにしろ、呑めば呑むほど強くなるというものでもないとは思う。呑まなくなったから弱くなるということもないのだとは思う。体質に依存するのだと思うが、その体質が加齢とともに変化したのか、あるいは、不断服用している耳の薬や腰痛、神経痛の薬の副作用によるものか、スパイシーなカレーや刺激物の摂りすぎで神経が過敏になっている・・・ということはないとは思うが・・・。

耳を悪くしてから、酔うに従って、耳奥に脈動のジワジワするような音が響くようで、それがやがて耳鳴りの変わったりして、不快なことこの上なく、それを嫌って、余計に酒量を控えるようになってしまった。

飲酒はまだ解るのだが、先日健康診断を受けた際・・・、
心電図検査で胸部や手脚に電極を取り付けるに当たってその部位をアルコールで消毒されたのだが、アルコール綿が触れたところが赤くかぶれてしまった。
それがエタノール系なのかイソプロピルアルコール系だったのかは確認していないが、担当して下さったナースが慌てて別の薬品を用意することになった。
その後、血液検査の前に前腕部を消毒する際に、さて、どうしたものかとナース数人に取り囲まれてしまう始末。

今までそんなことはなかった。健康診断も毎年受けている。風邪や耳疾の時も注射や点滴を受けた。俄かに皮膚が弱くなるような原因がわからない。が、皮膚表面のアルコール中毒であるらしい。今後はその旨注意するようにと告げられたが・・・。

以前に右耳が壊れた際に処方された薬の副作用で、日光(紫外線?)に当たることで顔や手などが赤く腫れあがったことがある。日光なり紫外線に対するアレルギーが出たのだと思う。その薬の服用を止めて、他の薬を処方して頂いた。
昨年に左耳が壊れた時に処方された薬がアルコール・アレルギーを誘発したのかどうか・・・?!
種々の薬を服用するようになってから酒量は控えている。酒席や夜遊びも激減した。副作用が原因か、酒量が減ったことでアルコールに弱くなったのか。だからと言って、皮膚までアルコールに反応してしまうというのも解せないが・・・。原因がわからないうちはアルコールを絶った方がいいのかどうか。

サケ無くてなんのオノレがサクラかな。

これからお花見のシーズンだというのに、さて、どうしたものか。ノンアルコールドリンクで酔う練習でも始めましょうか。
お酒が無くても、音楽で陶酔出来る・・・というと、やせ我慢に聞こえますね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

yosshu0715

僕はもともとお酒が飲めないので飲める人が正直羨ましいです!!(笑)
先日の入院の時もアルコール綿は禁止でしたよ!!(笑)

毎年桜の季節になると、お花見で気持ちよく酔っている人を羨ましく見ています!!(笑)
いいですよね!!(笑)


うちのポコさん☆が飲める口なんでノンアルコールビールは美味しくないと言いますが、僕は重度の炭酸中毒なんで、結構飲んでますよ!!(笑)
by yosshu0715 (2016-03-07 23:12) 

JUN1026

ヨッシュさん、コメントありがとうございます。
全く飲めないのも悲しいですが、飲めたのに飲めなくなるのもかなり辛いです。
花見酒がダメなら、花見スイーツにでもしましょうか。
by JUN1026 (2016-03-08 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0