So-net無料ブログ作成

ラバーダックとブレーキシュー [散歩・散走]

今日は、月に一度のお楽しみ「ワンコイン市民コンサート」があるので、午後から大阪大学豊中キャンパスを訪ねる予定になっているのだけれど、空いた午前を空いたままにしておけないビンボーショー。仮眠を取ってもいいのだけれど、それも勿体無い。先日取り置き願ったブレーキシューをインストールするために、LORO CYCLE WORKSに向かうことにします。

 

今日の大阪は晴れ上がって、夏が戻ってきたかのような陽気。陽射しがキツく温度も高いが、それでも、走ると風が心地いい。その風に乗って、自宅から市内中央区へ。

duck1.jpg
duck2.jpg
duck3.jpg
duck4.jpg
duck5.jpg
duck6.jpg
duck7.jpg
duck8.jpg
duck9.jpg


まず脚を止めたのが中之島公園。その東端、バラ園の辺りに、愛しのラバーダックちゃんが浮かんでいるとの情報を得たからで、当ブログにも度々登場願う巨大な風船家鴨はオランダ人アーティスト、フロレンティン・ホフマンによるパブリックアート。
美術館などの限定的な空間ではなく、公共の河川や海などの水辺を巨大なバスタブに見立て、街並みをも背景として取り込むというもの。世界中の水辺を旅する子アヒルは、中之島公園には三年ぶりの出現となるが、昨年はほたるまち界隈で可愛いレプリカを伴ったイベントも開催された、大阪ではおなじみの顔。今回は「水都大阪フェス」の一環とした展示であるらしい。
もちろん、「オレの庭」に来たのだもの、挨拶せねばなるまいよ。
巨大なアヒルさん、近くで見上げるとその威容にちょっと躊躇うが、なるほど少し引いて、風景の一部として見れば、バスタブに浮かぶオモチャに見える愛らしさ。
バラ園の薔薇との共演を期待したのだが、生憎バラはひとつも見られず、期待外れの肩透かし。
が、来月12日までここに浮かんでいるという。それまでに薔薇も咲き揃う…かなァ?

brake1.jpg
brake2.jpg

VANGUARD I-20CNC(シュー交換前)

といってるうちにLOROの開店時間。混み合う前にメインテナンスを済ませてもらおう。
長年乗り続けてきたBD-1も各パーツが劣化してきて、少し飽きもしたので、フレームだけを残して他のパーツをマルッと取り替えたのが昨年7月。「BD-1R JoJo Special tuned by LORO CYCLE WORKS」として生まれ変わって、ほぼ申し分の無いスペックとなったのだが、唯一(ほんとは唯二?)のウィークポイントはブレーキで、20インチ化に伴ってリプレイスしたそれが、キィキィ鳴くうえ、タッチ・フィーリングも今ひとつ。スペシャライズでパーソナライズなカスタマイズを施したのに、鳴かれた日にゃあ適わない。唯一(ほんとは唯二?)の違和感、まさにベンケイのナキドコロ?
BD-1の20インチ化で定番的に用いられるポールのブレーキはそのアームが円柱形なのがイヤで、VANGUARD I-20CNCを選んだのだが、それに使われているシューが硬めで音鳴りを伴う。高品位なプロダクトモデル風を標榜して仕上げた自転車が安物のママチャリみたく鳴かれたら艶消し。
そんな折りLOROのブログで拝見したウラワザは、シューをSHIMANO製に交換してしまうというもの。同社のシクロクロス用カンチブレーキBR-CX70のカートリッジ・シューがサイズぴったりで、音鳴りも無くなり、制動力も向上する・・・らしい。
その情報を得たのが6月末。そのシューは品薄とかで入荷が待たれた。それが届いたと知らされたのが先週の「クルーズポタ」の時。で、その作業を今日にして頂いた。

brake3.jpg


入店してすぐに作業台にぶら下げられて、VANGUARD I-20CNCのシューが外され、新しいカートリッジを取り付ければお仕舞い・・・と思ったら・・・。
BR-CX70のカートリッジ・シューは取り付け部の足の長さがリム幅に合わせるように3種類あって、BD-1用20インチ(406)ホイールには「Mサイズ」がいいだろうとのことでそれを選んだのだが、その軸足が少し長過ぎたようで、ブレーキ・アームが開き気味になる・・・だけならいいのだが、そのためケーブルが若干寸足らず、届かなくなってしまって、急遽ブレーキ・ケーブルも交換ということになってしまった。
アウターごと交換だとハンドルバーテープを一度剥がしてしまわないといけない。それは尚更大層なのでインナーのみの差し替えとする。
スルスルと器用にケーブルが交換され、新しくなったシューの当たりもチューニングされたら、外に持ち出されて試走の段。
まずはスタッフさん、続いてワタシも試し乗り。
新しいシューはリムに対する当たりも柔らかく、無論音鳴りもしない。意図的にロックさせられる程効きもいい。レバー越しのタッチ・フィーリングもいい感じ。満足出来る仕上がり。

シクロクロス用CXシリーズはULTEGRA相当のグレードとなるそうで、カラーリングもアルテグラ・グレーとなっている。その青味がかったメタリックな灰色は、フレームのMercury Blueとさほど違和感も感じさせない。
20インチ化に当たって手組みされたホイールに使われているハブも同じCXシリーズ、CX-75で同じカラーリング。いっそのことブレーキ・アームもアルテ・グレーにアルマイト塗装し直して、STIレバーも前後のディレーラもULTEGRAにしてしまおうかしらン?
ヤバイ? カスタマイズに対しては妄想の暴走が止まらない?
しかし、そう思わせるくらい、ブレーキ・シューも前後のハブも質感がいい。
妄想はさて置き、納得の出来栄えとなった。唯一(ほんとは唯二?)の違和感、不安も解消されて、よりハイクオリティとなったBD-1R。ケーブルの分、想定外の出費とはなったが、まァ、それは目を瞑っておきましょう。

brake4.jpg
brake5.jpg
brake6.jpg
VANGUARD I-20CNC(シュー交換後)

想定より作業時間が伸びて、時刻は11:30。もう一軒立ち寄りたいところもあって、小腹も空いてきたのだけれど、午後のイベントに向けて時間が残り少ない。なんならこのまま大阪大学豊中キャンパスまで走っても構わないのだが…。カフェもランチも諦めて、急ぎ帰宅の途。
・・・といいながら、まだブレーキに当たりが付いていないから、速度を抑えた慣らし走行。
一旦帰宅して、午後は大阪大学会館にて「ワンコイン市民コンサート」です。
 
本日の結果
走行距離:23.55km
走行時間:01:17:33
 
それにしても、BD-1MercuryBlueのツヤ感の美しいことよ。こんな色はbirdyには無いよねー。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

yosshu0715

ラバーダック、近所なのにまだ見に行ってないんですよ!!(笑)
実は先日からまたカメラのレンズを修理に出していて、ポタ意欲半減!!(笑)
やはりカメラがないと、面白くないんです!!(笑)


ポコさん☆がラバーダックでいつもテンションハイになるんで、また見に行きたいと思っています!!(笑)
しかし10月は結構予定が詰まっているんで、日中見に行く機会があるんかな・・・!?(笑)


ブレーキシューは大事なパーツですよね!!(笑)
音鳴りだけでなく、本来命を預けているパーツですもんね!!(笑)
僕も結構雨の日でも次転写乗るんで、そのあとは注意してみるようにしています!!(笑)
砂とか噛んでたらホイールにも傷が入ったりしますもんね!!(笑)

しかしJoJoさんの快速ビュンビュン丸、ブレーキまで良くなって本当に最強ですね!!(笑)
by yosshu0715 (2015-09-29 19:45) 

JUN1026

ヨッシュさん、コメントありがとうございます。
ラバーダックちゃんは10月12日までです。お急ぎ下され(笑)。
もういじるところはないかと思っていたのですが、ブレーキシューを交換して、一層質感が向上しました。もうここまでくると、既製品ではなく、ちょっと高級な一点物。大事に乗ろうと思います。
by JUN1026 (2015-10-03 19:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0